ダー岩井のツーリング写真館・お出かけ日記

「徒然日記・ひとりごと2」より、ブログ版に記事を再編集しています

秩父林道プチツーリング 

3連休最終日は、秩父方面へプチツーリングに行ってきました。

まだ2月だというに、すっかり陽気は春めいて、真冬装備では暑苦しいほどに。イマイチ雪中ツーモードの気分では無いらしい!?(笑)。なので、今日は近場で、のんびりの11時出発です。
久々のセローは、毎度エンジンをかけるのに一苦労だけれど、一度かかってしまえばいつもの様に軽快なエンジンの鼓動がとても心地よいですね♪。

R299を秩父方面へ進み、吾野付近か奥武蔵グリーンラインへ向かって延びる”林道阿寺線”へGO!。途中、気になる支線に突入し、すると息つく間もない”隙のない急勾配”で、一気にダートを駆け上がるのです。
途中、分岐を直進し、あれよあれよと気が付けば、奥武蔵グリーンラインに合流しちゃったよ♪。この”予期せぬ発見”こそ、林道探索ツーの醍醐味だったりですね(^^)


全線舗装路の奥武蔵グリーンラインは、車やバイクもちらほら見かけられました。しかし、2月にしては有り得ないほどの快適さ?。例年だったら、その道(?)を志す人達だけのパラダイス(?)なんだけどなぁ~(笑)

顔振峠付近からは微かな富士山が望め、ちょっぴり得した気分♪。奥武蔵グリーンラインのハイライト「刈場坂峠」からは、広がる関東平野を一望することができました。

大野峠から丸山林道方面へ進み、定番の秩父市街を一望できる絶景ポイントに到着。どうにも小枝が邪魔して、爽快パノラマ!といかないのが惜しいかも。


一旦秩父市街へ降りて、次に訪れたのは、まもなく芝桜で賑わう「羊山公園」です。
今の季節は、まだ公園は閑散としていますが、家族連れや近所の散歩?の方々がちらほらといる程度と、なんだかほのぼのとした時間が流れていました。でも、よく見ると一部ではありますが、すでに開花している芝桜もあるんですね。ほんの一部ですけどね。


午後1時を過ぎ、昼食に訪れたのは、こみに亭のサダさんから教えて頂いた「山賊亭」へやって来ました。実は、お正月にも訪れているので、今回で2回目です。場所がひじょーにわかりにくくて、今回もちょっぴり迷いました。
お店は、狭い路地を入り込んだ民家の奥地にありますので、一般客は通りすがりで訪れる確率は、限りなくゼロに近いといっても過言ではないかも知れません。そんなお店にたどり着いた時の喜び?は、まさに探求心を満たされる瞬間ですよね(笑)

さて、メニューはコチラ。メニュー名に”山賊”と名の付くメニューが要注意らしい!?(笑)
今回は、「山賊タントン麺(大盛):700円+100円」を頂きました。まさにすり鉢どんぶりに、まずまずの盛り具合がGOODです(^^)。とろみのかかったアンと唐揚げが一つ。いやぁ~、満腹様でした。

参考までに、前回訪れた時は「山賊とんかつ定食:1100円を頂きました。ジャンボなカツが2枚。”山賊”が付く付かないでカツのボリュームが異なるそうです。肉の旨みが詰まった手作りの正当派のカツって感じだったかな。副菜にスパゲティーまで付いて、なかなか食べ応えありました。

《お店データ》
『山賊亭』
 埼玉県秩父市山田1735-12
 0494-24-8246
 11:00~13:30、17:00~20;30 水曜定休


午後1時半に秩父を出発。あまりの暖かい陽気に、すっかり”やる気無し”モード!?。寒さがイマイチだと、どうにも気が引き締まりませんね~(笑)

帰りは、バイク屋さんに寄り道して、5,000kmのオイル交換を済ませ、午後4時前に帰宅。
自分としても珍しく?、なんともまったりツーリングでしたが、1月は、週末返上でほとんど仕事三昧な日々でしたので、近場ながらとてもいい気分転換になりました(^^)

走行距離:94km



走行ルート
ツーリングの関連記事
trackback: -- | comment: -- | edit