ダー岩井のツーリング写真館・お出かけ日記

「徒然日記・ひとりごと2」より、ブログ版に記事を再編集しています

アクアワールド大洗へ 

#3/29の記事です。

 つかの間の子ども達の春休みの週末を利用して、以前からの子ども達からのリクエストもあり、1泊で「アクアワールド大洗」へ行って来ました!。
<大洗家族旅行1日目>

 大洗までの道のりは約170km。遠くは無いけど近くもない?。
 例によって、早朝夜間割引に引っかけるべく、午前6時ギリギリに圏央道日高ICに滑り込みセーフ。

 あとは、のんびり圏央道から関越道、外環道を経て、家族では初デビューとなる常磐道へ。

 朝飯抜きで飛び乗ってきた子ども達ですので、すっかり腹ぺこのブーイング。友部SAで朝食にありつけました。
 水戸大洗ICを降りたら、まずは大洗駅へ立ち寄り、駅の売店で前売りチケット1割引をGET!!。

 8時30分、出発から2時間半で「アクアワールド大洗」へ到着です。
 午前9時からの開館ですが、春休み期間中にも関わらず、未だ客足は車数台程度のみ。お陰で、駐車場も一番近い場所に止めることが出来ました。

 スキー場とかだったりすると、歩行者のスキー板とかぶつけられるのがイヤなので、いつも隅の方の辺鄙なところに止めるのですが・・・(笑)
 駐車場の向こうは、目の前に太平洋・鹿島灘が広がっていました。

 久々の潮の香りと朝の清々しい空気で気持ちがいいですね。
 子ども達とお父さんが海辺で遊んでいる間、かみさんはエントランス前で並んでスタンバイです。

 今朝は、先着4組目。先着順の「水族館探検ツアー」申し込みのためですが、9時近くになると、途端に並ぶ列が長くなり、50~60人には達するほどの長蛇の列となりました。

 開館5分前ほどに、警備員さんから水族館ツアーの整理券をGET!!。この整理券を持って、開館後に総合案内所で再度受付をするとのこと。午後13時からのツアーを無事に予約することが出来ました。

 →は、水族館前にあった「愛の鐘」。子ども達は、意味も知らずに朝から鳴らしまくりです(笑)
 午前9時。開館と同時に水族館へなだれ込みました(笑)。

 僕らは、通常の順路とは逆走?して、階段で一気に5Fへワ~プ!!(笑)。すれ違うアテンダントや飼育員の方々から、嬉しい朝一のご挨拶も頂きつつ、とにかくダッシュです!(笑)。

 そう、お目当て第一段は、「目指せ!ドクターフィッシュ体験」です。
 目論み通り、作戦成功!。今朝の一番乗りを果たしました(笑)
 飼育員のお姉さんの説明を聞きつつ、初めてのドクターフィッシュに手を入れると、お腹を空かした水槽中のドクターフィッシュたちが一斉に大集合!。
 うっひょー!!、これは凄すぎる~!!(笑)。ちょっと手を入れるのが戸惑うほどで、初体験の子ども達は「ギャーギャー」絶叫しまくりです(笑)。最初は、恐る恐る手を入れていた子ども達でしたけど、慣れてくると今度は快感?になってきたらしい(笑)。

 僕も適当に写真取り終えたところで、初めて手を入れてみました。うおぉぉぉぉぉぉぉっ!!、まるで電気風呂の様なピリピリチクチクって感じかな。あまりの新感覚に圧倒されました(笑)
 ドクターフィッシュの隣りには、キッズランドがありました。いわゆる屋内アスレチックなんですけど、吹き抜けの2~3階相当分ほどの立体3次元アトラクションなんですね。

 未就学児が対象でしたけど、なかなかの高さもありますので、未就学児にしてはスリリングすぎるかも・・・(笑)。
 ドクターフィッシュ体験は、子ども達がすっかり気に入った様子で、開館直後から1時間くらいいたでしょうか・・・(笑)

 午前10時をまわり、ようやく気が済んだところで、入口へ一旦戻りましょうか。改めて順路に従って、水族館の見学です。

 アクアワールドは、”サメの種類数が日本一!”とのことで、40種類ものサメが飼育されているそうです。
 中でも「シロワニ」は、映画のジョーズに出てくる様な歯がギザギザでいかにも風?。間近で見るシロワニは大迫力でした。
 水槽の前で記念撮影!。

 うおっ、逆光気味で顔が分からないっす(笑)
 日本一の大きさを誇るマンボウ水槽もありました。

 これだけたくさんのマンボウを一度に見れたのは初めてかも。
 大水槽では、真鰯の大群が圧巻。たくさんの魚たちを一堂に見ることが出来ました。

 まるで水中遊泳をしているかの様な優雅な気分になりますね。
 将来は、”お魚博士”志望(?)のあきぼうお気に入りの「モンガラカワハギ」も見つけました!。
 昼飯は、館内から一旦退出して、水族館に併設されている「フードコード」へ。

 海鮮丼や、ラーメン、うどん、カレー、お寿司、お弁当、スナック類など、お値段も1000円前後のバラエティに富んだメニューのお店が10店舗ほど並んでいました。食事に困ることはなさそうですね。

 僕の頼んだ、かき揚げ丼とうどんのセット。ボリューム満点!。
 13時からは、お目当て第2段!の「水族館探検ツアー」へ。
 長靴履いて、無線のイヤホンつけて、1階から5階まで、水族館の裏舞台を一通り解説付きで、見学することが出来ました。
 大水槽の上も歩けたり、真イワシにも餌やりできたり、飼育員さん達の苦労話や裏話などなど、とても貴重な体験やお話も聞けて、水族館により親しむことができました。

#ツアー中、撮影禁止のため写真はありません。
 14時30分からは、お目当て第3段!の「イルカ・アシカオーシャンライブ」。
 開演30分ほど前から並びましたが、すでにたくさんの人達で溢れていました。

 シンプルなショー構成ながらも、3匹のイルカの達が華麗なショーを魅せてくれました。
 中でも、つり下げられたボールを500kgもあるというオキゴンドウクジラの巨体がオーバーヘッドキックでジャンプする姿は圧巻!。身体が巨体なら、水しぶきだって特大サイズがサバーンと、観客席に飛び込んで来ました。
いやぁ~、気が抜けませんね(笑)
 「カップめん容器圧縮体験」なんてんも、実演されていました。
 水槽にカップ麺の容器を入れて、手動ポンプで水圧をかけていくと、見る見る”チビカップ”に変身!。

 水圧ポンプを手伝ってくれたファミリーには、出来立てのチビカップがプレゼントされました!。
 午後に再び「ドクターフィッシュ」へ訪れてみると・・・。
 うひょー!!、スゴイ人気ぶりです。そんなこともお構いなく、再び子ども達は人の合間からドクターフィッシュ体験です。
 しかし、予想通りこれだけたくさんの人がいると、ドクターフィッシュの集まり具合が今ひとつ。やっぱり、人は少ない時の方が、モーレツな体験ができますね(笑)

 気が付けば、閉館17時までみっちり居座りました。いやぁ~、あっという間の1日でした。
 水族館を後にして、大洗港近くの「大洗町健康福祉センター ゆっくら健康館」へやって来ました。

 いわゆる、健康促進日帰り施設ですね!。17時以降は、大人500円に割引です。

 温泉に入っている最中、大きな汽笛と共に18:30発の北海道苫小牧行きのフェリーさんふらわあが出航していくのが分かりました。
 サッパリした後は、館内併設の食堂「ゆっくら亭」で、夕食もとりました。

 メニューはコチラ。人気メニューの海鮮丼(950円)を頂きました。

 海鮮ものが、良心的な価格で味わえてなかなか良かったです♪。
 今日は、久々のお泊まりで、子ども達も興奮気味!?(笑)。

 以前から気になっていたファミリーロッジ旅籠屋の「水戸大洗店」にお世話になりました。

 週末で家族4人で12,600円!で泊まれるなんて、感激です(^O^)

2日目へ続く・・・・)
テーマパーク・水族館の関連記事
trackback: -- | comment: -- | edit