ダー岩井のツーリング写真館・お出かけ日記

「徒然日記・ひとりごと2」より、ブログ版に記事を再編集しています

流しそーめん太郎 竹泉 

#8/31の記事です。

 ダー家に大きなダンボール箱が届きました。コレは何?(笑)
 解説しよう!。コレは、いわゆる家庭用流しソーメン器。その名は『流しそーめん太郎』しかも噴水(竹泉)付きと来たもんだ!(笑)

 中身は、桶、駆動部、噴水(竹泉)の3点セット。まずは。この中で、夢の流しそうめんが楽しめるのだっ!(笑)。駆動部は、上蓋を外すと単一乾電池が2本。中央の黒いボタンがスタートボタン。裏返すと、本邦初公開!?、これが家庭用流しそーめん器の心臓部の正体なのだ。
 いらないようで、あると嬉しい噴水(竹泉)は、流しそーめんには、涼しさを演出する無くてはならないアイテムですね!?(笑)。桶、駆動部とは完全別体式ですので、要は、無くても流しそーめんは楽しめるということで。裏蓋を外すと単三乾電池3本搭載。桶の水とは別に、ここだけで水が循環するらしい。

 さてと、セッティングも無事完了し、子ども達にコレ何だと思う?と聞くと、2人そろって「スーパーボールすくい~!!」って何だよ??(笑)。
という訳で、早速スーパーボールを入れてるし・・・・(笑)。

 それでは、スイッチON!。うほっ!。しばらくコレで楽しめました(笑)。


 そうめんも茹であがったところで、水を替えていよいよ本番モードです。緊張のそーめんの投入の瞬間なのだ。

 それでは、レディーGO!!。・・・・・・・・・・・・・・・・ん?。どうやら麺が多すぎると、回らないらしい(汗)

 麺を少し減らして、今度こそ行ってみよう!。再び、レディーGO!!いやったぁ~!!(*^o^*)


 これからの時代は、一家に一台必需品!?。これで家族団らん、夫婦円満(?)、間違いなしってか?(笑)。
 子ども達は、お陰様で食欲1.5倍(当社比)になりましたとさ(笑)。
ひとりごとの関連記事
trackback: -- | comment: -- | edit