ダー岩井のツーリング写真館・お出かけ日記

「徒然日記・ひとりごと2」より、ブログ版に記事を再編集しています

幼稚園の発表会 

昨日(3/4)は、幼稚園の発表会がありました。
1年の中で、3大イベントである”運動会”、”作品展”に続き、ラストの締めを飾るのがこの”発表会”。クラスの枠を越えて、学年のお友達で集まって、うたや合奏、お遊戯、劇など、この1年の幼稚園生活の発表の場でもあるのです。
あきぼうにとっては、初めての発表会。ひろぼうには、今年で2年目となり、早くも幼稚園生活最後の発表会となりました。

当日は、午前9時の開場に先立って、午前7時前から席取りのために幼稚園前に並びました。すでに十数名の先客がありましたが、みな毎度運動会などでもお馴染みの早朝メンバー(?)だったりでしょうか(笑)
決して広くは無い幼稚園ホールですから、まさに前も後ろも横も”すし詰め状態!!”。いやぁ~、子ども達の熱気に負けじと劣らず、発表会を見守る親達の熱気も、そりゃ半端じゃありませんね~(笑)

まず年中組のあきぼうは、ドラゴンボールZのオープニングテーマのお遊戯。家では、一緒に何度も踊らされましたっけ!(笑)
でもどんな衣装で、どんなフォーメーションでやるかまでは、まったく未知の世界でしたからね。う~ん、なるほどっ!って感じでした。


ひろぼうの「さるかにがっせん」の劇は、台本を貰ってきたのが年が明けた今年1月。それから毎晩、どんなに忙しい時でも、寝る前には台詞の練習だけはお母さんと欠かしませんでした。僕も定時で帰れた日や週末などは、一緒に練習したことがありましたが、最初は台本を読むのすらままならない状況に、本当にそんな大役をこなせるのか、かなり不安だったものの、練習を始めてから1ヶ月もすれば、台本など無しですらすら暗記してるんですね!。子どもって頭でなくて身体で台詞も覚えてくるんですね。
本番は緊張していただろうに、でも余裕?の笑顔満載で、見事に台詞もこなしてくれたのは、と~~~~~~っても嬉しかった(^^)
こんな劇が出来るようになるなんて、1年前の発表会の時には想像も出来ないことでした。


無事に発表会を終えて、どの子ども達にも”やり遂げた”という”達成感”が、笑顔に満ち溢れていました。

本当によく頑張りました。お疲れ様でした!(^^)

家族の行事の関連記事
trackback: -- | comment: -- | edit